特許には型式あって、その中でも作り方特許は取得するための妨害がとっても厳しい。

 

その作り方特許を取り去れてるという時点でコンシダーマルは普通のコスメティックは一線を画しているんですが、その生誕エピソードもなんかスゴイだ。

 

コスメティックの成分をラメラ編成として、それを維持した通り製品化講じるのって、ものすごーーーーく難しい事柄なんだそうです。

 

こういうラメラ編成作り方特許を取得するために、森川マニアが資生堂で長年解明を続けていたものの、在職中には貫徹しませんでした。

 

解明が完成する前に、資生堂を離職。

 

だが、離職後にラメラ編成を維持させる生成手段が完成してしまったのです。

 

そうして、(株)会社オーガスタにおそろしい作り方特許が転がり込んです!!

 

という、何だかアニメみたいなお伝えで、コンシダーマルは誕生しているんですよ。

 

どうして、そんな話を知ってるんだ?って思いますよね。一つゲルによってはあるものの、「これだけでは物足りない」という

 

メーク水やメニューをついつい足してはいませんか。

 

本当は「ここ1雑誌だけ」のはずなのに、ひとりでに足してしまうのは、

 

そのコスメティックが「肌がとっても必要としている成分」を与えていないから。

 

 

 

「コンシダーマル スキンライズローション」は、その実質に着目して、

 

元来肌が有する成分だけを、肌と同じ編成として

 

届けることをポリシーに作った物。

 

 

 

肌と同じ成分は「皮脂、生来保湿条件(NMF)、細胞折脂質」の役割をする美容成分で、

 

ホホバ油やアミノ酸、セラミドなど多くの成分を組立てしました。

 

そうして肌と同じ編成というのは、水と油の階級を交互に重ね合わせた「ラメラ編成」。

 

和風だけではなく、USAやEUも特許をとった技で、

 

肌に楽に浸透し乱れたラメラ編成を修復するプラスを持っています。

 

 

 

さて、あたいがこれまで試してきた一つゲルが

 

時間の変わり目でつい合わなくなってきたので、

 

今回はこういうコンシダーマルをお試し心がけることにしました。

 

 

 

コンシダーマルは9ml(約5日光分)のお試し容積もありますが、

 

ひとまずは新陳代謝の度合と言われる28日光程度は使える方がいいと思い現品を取寄せ。

 

なお現品(80ml)は約45日光分だ。

 

30費用〜40費用になると、新陳代謝の度合は約45日光にまでのびると言われており、

 

定期購入するとそれに合わせた度合でたどり着くようになっていらっしゃる。

 

 

 

コンシダーマルのすんなりタイプをお試ししました。

 

「コンシダーマル スキンライズローション」には1という2があり、

 

1がすんなり品種、2がしっとり品種だ。

 

ただWEBを見る限り、まるっきりとしっとりの違いはユーザビリティだけで効果の差はないようだったので、

 

どうにか夏に向けて徹頭徹尾のほうがいいと見なしなんにも品種にしました。

 

 

 

きれいなブルーの外箱だ。
中頃はおんなじ色あいのポンプモデルボトルだ。

 

ただゲルではなくローションというので、ボトルでないと難しいでしょう。こういう白い文言は思う存分美観を損ねているように感じますが、

 

こういうレッテル剥がすことができます。

 

 

 

外箱もポンプも良いブルーだ。半透明のさらさらした液状で、メーク水って乳液の中葉くらいのテクスチャーだ。

 

 

 

「掌で温めてから」ので、温めます。

 

 

 

温めたら戦法に広げ、ハンド圧迫でぶちこみます。最初はすーっと浸透し、肌の表にはしっとり膜が余る感じがします。

 

 

 

但し間隔が経つに連れて、その表に残る分も悠々次第に浸透していきます。

 

浸透していくという、肌がふーっとほぐれて出向く感じで気持ちが良いだ。

 

 

 

本当はこの日、私の肌のコンディションはかなり酷く、昼間から肌の乾燥を感じていました。

 

そういった日光はコスメティックがしみることが多いのですが、

 

コンシダーマルはしみることなく肌に入っていきます。

 

ここには感動しました!

 

 

 

やはり「スティンギングテスト」、

 

つまりコスメティックのピリピリ、チクチク空気のトライヤルをクリアしているだけあります。

 

そうして、塗って1時間もすると肌表のモイスチャーは消え去り、スベスベに。

 

翌朝が楽しみです。

 

翌朝…

 

あっさりタイプなので昼前までには乾燥するかと思いましたが、

 

翌朝はさらさらだけれどもしっとりすべすべの肌になっていました。

 

これは病み付きになりそうです。ひとくちに「一つ」といっても、心から一つで良好のコスメティックは少ない物体。

 

出来ばえに満足できず、はからずもメーク水を足してしまう。

 

 

 

但しこういう「コンシダーマル スキンライズローション」は、

 

とっても肌が必要としている成分を、肌の編成通りに供給することにより、

 

何も足さなくて相応しいオールインワンゲルの特性に立ち返った物だ。

 

 

 

美しいブルーのケースに入った半透明のローションを、手で温めてハンド圧迫行う。

 

するとゆるゆるじっと肌に浸透して赴き、

 

コンディションの低い肌けれどもしみることなく肌が柔らかくなっていきます。

 

 

 

肌の編成通りに肌の成分を賄うため、

 

肌のコンディションを取り付けるため「コンシダーマル」は、

 

アレルギーテストだけでなく使ったときの圧力「スティンギングテスト」も通過している結果、

 

敏感肌だったりコンディションが悪かったりしていても使いやすいのがポイントです。

 

 

 

また、定期方向もいつでも脱退できて安心です。

 

コンシダーマルといったひたすら付き合って、肌に本来の意気さを取り戻してみませんか。あたいはお試し星人様。オールインワンのコスメティックによることが何回かありますが、たまたま、大きな貧乏くじはなく、どれも素敵な商品でした。

 

も、一つでほぼ言えることは、「保湿アビリティーがちょっと物足りないかも」「これだけで実際大丈夫なのか?」について。そのため、オールインワンのコスメティックにプラスして、メーク水やクリームによることがよくあります。

 

中にはアタリもありました。但しお試し星人のあたいは、アッという間にアバンチュール(笑) につき、此度新たにカワイイコスメティックによってみました!

 

結論から言えば、今回は完全“アタリ”。近年実に「オールインワンのコスメティックだけでは保湿アビリティーが物足りない!」と感じている人様も、はからずも「ここいい!」って思ってできるかもしれないので、ここでご紹介してみますね♪

 

 

※ 以下に掲載するムービーは一切、クリックすると拡大してご覧いただけます。
コンシダーマルのポリシーと、その注釈が書かれていらっしゃる。此度使った商品は、コンシダーマルのスキンライズローションというものです。眩しい感じはしませんが、鮮やかな青い形。凛とした雰囲気で「大人!」という様子があります。ムービーをとことん見ていただきたいのですが、プランの下のユーザーに、「Skinrise Loition II」と書いてあります。コンシダーマルには「I」と「II」があり、「I」はすんなり品種、「II」がしっとり品種だ。あたいは「II」ですから、しっとりとしたユーザビリティを体験しました。取り敢えず、あたいが実に使ってみて感じたことなどをレビューしてみました。善悪参考になさってみてくださいね。消耗の前に忘れてはならないのが、洗浄。毛穴汚れを取り除いて赴き、ローションの浸透を高めます。

 

洗浄をしないと、コンシダーマルを塗ったときの効果は半減してしまうと思います。実際、風貌を洗ってから取り扱うのと風貌を洗わずに取り扱うのを試してみましたが、前もって風貌を洗ってから使ったときのほうがぐんぐん浸透始めるのを読み取れました♪このように、ローションの色あいはまるっきりの透明ではなく、白みがかかっていらっしゃる。無色付け処方箋なので成分由来の色あいでしょう。また無香りなのでアロマオイルはありませんし、気になるニオイもなかったです。

 

II(しっとり品種)だからか、大分なとろみがありました。

 

これを掌で少々温めてから、風貌に塗っていきます。塗りつけるときは、やさしく丁寧に!がはじめ。I(からきし品種)は分かりませんが、II(しっとり品種)はかなり伸びが良いと思います。

 

あたいは小鼻の乾燥が特に気になっていたので、その辺を繰り返し付けしました♪大変とろみがあって心配したのですが、実に風貌に塗っても、べた付きは気になりませんでした。肌がしっとりといったし、佳麗も出ます。ここ一本で様々保湿対応可能ほどの保湿力を思えることができました。

 

仲間気を付けるべき点は、積み重ね付けをしすぎるって、さすがにべたついた感じになります。あたいは、乾燥が気になる小鼻に置きすぎて、そこだけやたらオイリーな感じにスベスベしていました(^^;)

 

なので、全体的に塗った後は、気になるところにほんの少し塗りつけるほどが良いかもしれませんね。多分、飽くまで私の経験を踏まえてのお願いではありますが。とりあえず、第一印象は「激しい保湿アビリティー!」だ。・・・そう言うってなんかチープな感じがしてしまうが、とにもかくにも、うるおい&ガード の実感は、これまで使ったありとあらゆるコスメティックの中でも最上級でした。

 

上、圧力なども断然無く、塗ったかどうかを瞬間だけ忘れて仕舞うほどの軽々しい感触なので、イージー・気軽に選べると思いました。

 

乾燥肌、超乾燥肌、敏感肌の人様にドンピシャリな商品ですね♪ 逆に、若い人のように肌の実情が依然安定している人様や脂性肌の人様には、さほど合わないかと思います。先述したように、コンシダーマルにはI(すっぱり品種)ってII(しっとり品種)がありますが、こういう二つは一体どうして違うのか?といった質問が湧いて要る人様もいると思います。

 

も、あたいはII(しっとり品種)を選んだので I のことは分かりません。ただ、公式サイトで成分暴露を見てみると、成分は貫く!って分かりました。

 

となると、たぶん成分の組立て料率などの幅にて、ユーザビリティに幅を作っているのだと思います。というか、付き冊子を一心に見たら、実にQ&Aに書いてありました(下図)。

 

▼公式サイトはこちら▼

https://considermal-shop.com

 

コンシダーマルシミコンシダーマル楽天コンシダーマル